R+house 建築実績累計 鹿児島県NO.1・新築住宅総数 810棟(令和2年11月末現在)

コンセプト

[建築家住宅]は優れた建築家のデザインで、住まう人の暮らしに至高の楽しさ、豊かさ、安らぎを提供します。
しかしこれらを享受できる方はこれまで、ひと握りの方に限られていました。
このような[建築家住宅]をもっと身近で、手軽なものにし、多くの方に手が届くものにしたのが[R+house]です。

R+house3つのコンセプト
建築家とつくるデザイナーズ住宅
高性能を追求した快適で高耐久な住宅
しっかりコストを抑えた住宅
建築家とつくるデザイナーズ住宅

お客様のライフスタイルや価値観を実現する建築家住宅

建築家とすすめる家づくり。
建築家が発揮するお客様への付加価値は大きくは3つです。
1つ目は、スタイリッシュな外観や美しいディテールの演出といった“見た目のデザイン”。きっとお客様の感性を満足させる充実した家づくりが実現できるはず。
2つ目は“生活のデザイン”。ルックスだけではなく、ご家族の理想のライフスタイルを実現する住空間を形にします。
そして、3つ目は“性能のデザイン”。高気密・高断熱の特徴を活かした空間設計や、土地のパフォーマンスを最大限活かすプランニングを行います。

高性能を追求した快適で高耐久な住宅

人生100年時代のニーズに応える高性能住宅

デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら…?
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。
そんな想いを叶えます。

R+houseが提供する“快適な住まい”

“快適な住まい”とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。
暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。
正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば“快適な住まい”は実現できます。
R+houseには、そのための工夫がたくさん詰まっています。
高気密+高断熱+計画換気

快適で高耐久な住宅を実現するためには、この3点セットが必要不可欠。
住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。
また光熱費も少なくて済むという嬉しいおまけ付きです。

構造専門建築士のチェック&「R+パネル」による高耐震住宅

地震大国と言われる日本だからこそ、家を建てるときには「耐震性」にも十分に気を配りたいもの。
R+houseは2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。

POINT1
建築士の厳密なチェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、1.建物への荷重、2.風圧力、3.地震力、4.接合部の確認、5.基礎の設計、6.偏心率を厳密にチェックしています。

POINT2
“面”全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

しっかりコストを抑えた住宅

衣食住を楽しみ家族の絆を確認できる住宅

住まいは家族とともに過ごす安らぎの場であると同時に、それまで心に描いていた生活をかなえる自己実現の場。
夢や理想がふくらみすぎて、予算オーバーになることだけは避けたいものです。
住まいだけでなく、旅行やショッピングなども家族と楽しみたいから。
そんな想いを叶えます。

建築家住宅のコストパフォーマンスを最大化

一般的に、注文住宅のコストを上げているのは、高い部材価格やムダ使い、購入の手間、余分な職人さんの手間、長引く工期などです。
R+houseでは、そのようなムダを極力少なくするために様々な工夫や仕組みがあり、建築家とのお家づくりのコストパフォーマンスの最大化を実現しています。

R+houseのコストパフォーマンスを高めるポイント

設計ルールの取り決め コストが掛かる設計と抑える設計があります。注文住宅の設計はお客様がコストを意識しながら設計の専門家と一緒に住まいをデザインすることが大切。合理的な設計ルールを熟知している建築家が高品質な住まいづくりをサポートします。
部材流通ルートの見直し 部材流通ルートをメーカー直送にしました。工場の生産効率が上がるようなルールでWebシステムにて発注しています。これにより部材価格の低減が可能になります。
工期短縮の実現 工期が長いとその分の工事経費が掛かってしまいます。工期を短縮するには工事事務の手間や職人の手間を極力抑えるような上手な設計と職人手配が重要になります。無駄をなくし、効率性を上げるためにR+houseではルールを設定しています。
営業経費の削減 宣伝広告費や事務経費など建物に関係ない費用を極力抑えています。「とりあえず敷地調査」「まずはプラン」にもコストはかかるもの。「とりあえず…」と無料で実施された分の営業経費は実際に家を建てる人の建築費用に上乗せされてくるものです。
まずはお気軽にお問い合わせください。
メールフォームで
お電話でお問い合わせ