鹿児島の注文住宅なら新築施工実績750棟(H29年3月現在)の成尾建設へ

安心のアフターサービス

 

安心の保証とメンテナンス

安心のアフターサービス地元の中小工務店や住宅会社に家づくりをお願いする時に不安になるのが、保証とメンテナンスについてだと思います。

そこで、保証とメンテナンスについてお話をしたいと思います。

少し難しい話ですが、大切なことなので、知っておいてください。

平成19年に、第166回通常国会において、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)(住宅瑕疵担保履行法)」が成立・公布されました。

これは、どんな法律かというと、新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うということです。

この法律が制定された理由として、残念なことですが、構造計算書を偽装した建築士がいたからです。その結果、売主等が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態におかれることが明らかになりました。このため、国が重い腰を上げ、住宅購入者等の利益の保護を図るために制定されたというわけです。

では、実際にどのような保証なのかをお話しましょう。

■10年間の瑕疵担保責任について

【第三者機関】
財団法人 住宅保証機構
日本住宅保証検査機構
株式会社ハウスジーメン など
【概要】
新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。
平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。
尚、当社は上記第三者機関の(財)住宅保障機構に加入し、厳密な検査、各種保証を受けています。

■長期優良住宅認定

【第三者機関】
所轄行政庁(都道府県知事または市町村長)
登録住宅性能評価機関
【概要】
2009年6月から「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」施行されました。この法律で定められた9の項目(劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画)で一定の基準を満たした「認定長期優良住宅」は、各種減税やローン金利優遇など、様々なメリットが受けられます。
住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度(フラット35S)は、エネルギー性、バリアフリー性、耐震性、耐久性・可変性のいずれか1つの基準を満たす住宅について、5年間金利を0.7%優遇するものですが、「認定長期優良住宅」は、この金利優遇が20年(6年~20年は0.3%)に延長されます。

■地盤保証について

【第三者機関】
ジャパンホームシールド株式会社
【概要】
当社では上記第三者機関の基準に基づいて、地盤調査・地盤改良工事を経て現場検査を受けています。 万一、地盤の不同沈下による建物の損害が発生した場合、お引渡し日より20年間、最高5000万円が保証されます。

 

メンテナンスについて

maintenance_txt01
メンテナンスメンテナンスは、それぞれの中小工務店や住宅会社で違うと思いますが、
「家づくり」は、お引渡しをしたら終わりでなく、暮らしの変化や年月の経過と共に、メンテナンスをしながら住み継いでいくことにより完成に近づくものだと考えています。

そのために、私共は、施工後お客様のご自宅を定期的に訪問しています。
大工道具を持参しているので、その場その場で建具等の微調整も行っております。特に不具合 がなくても、点検の時に気になっていることをお気軽にご相談ください。

新築のお客様には、お引渡し以後の3・13・23点検をさせていただきます。また2年、5年、10年の定期巡回は重点的に点検し、建物を維持する為の計画的なメンテナンスのアドバイスもさせて頂いております。


【アフターメンテナンスの流れ】
■ お引渡し

■ 1年点検
・電話もしくは、ハガキにて、メンテナンス日の確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検

■ 2年点検
・電話もしくは、ハガキにて、メンテナンス日の確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガズ・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検
※一部、補修は有料となります。

■ 5年点検
・電話もしくは、ハガキにて、メンテナンス日の確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検
・住み心地について、確認
※一部、補修は有料となります。

■ 10年点検
・電話もしくは、ハガキにて、メンテナンス日の確認
・建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の点検
・ガス・水廻りの点検
・外壁・塗装の点検
・住み心地について、確認
※構造・躯体以外の補修は有料となります。

 

ハイアス家価値サポートについて

★ハイアス家価値サポート 概 要 ★

住宅設備フリーメンテナンス(設備延長保証制度)
通常1〜2年のメーカー設備保証を10年まで延長!大手並みのアフターメニューへ!

おうちのメンテナンスに利用可能なポイントサービス
お客様にメンテナンスに使える電子マネーを進呈!お客様とのつながりが強固に!

24時間365日対応サポートデスク+緊急対応サービス
夜中の緊急対応など、工務店の手が回り切らない部分のサポート!

 

なぜ必要???

おうちは建てて終わりではありません。定期的にお手入れをして、安心して快適な暮らしができる状態を維持していくことが大切です。安心で快適な暮らしをしていくために知っておきたい3つのポイントをご紹介します!

【1 将来の資産価値を守る2つのキーワード】

 ~住宅履歴管理とアフターメンテナンス~

長く快適な暮らしを続けるために、維持管理がとても大切です。

断熱性や耐震性など、性能が高いお家であればあるほど長持ちしますが、性能の高いおうちであっても、より永く快適性を保つためには都度メンテナンスをしていくことが必要になる。これから念願のマイホームを手に入れることになりますが、万が一おうちを売却していかなければいかなくなったとき、おうちの適切な維持管理や情報管理を徹底して実施している住宅会社でおうちづくりをすることがポイントです。

住宅履歴情報って?:図面、契約書、写真など、おうちに関するあらゆる情報のこと。この情報があるかないかで、メンテナンス時に必要な時間やコストが変わってきます。

【2 おうちの資産価値を維持するのに必要なコスト】

 ~大切なことはメンテナンス費用の準備~

マンションでは当たり前の修繕積立金。しかし、戸建住宅では修繕積立金の制度はありません。お金がかからないからラッキーだと言えるのでしょうか?そうではありません。

ひとつのおうちに30年間で発生するメンテナンス費用は総額800万円~1,000万円と言われています。これは、大規模なリフォーム工事から小さな部品の交換まで、あらゆるおうちのメンテナンスに掛かる費用の総額です。

実は、住んでからのよくある困りごとの1つが、「リフォーム工事時にお金がない」ということなのです。リフォームのためだけに預金することはなかなか難しいですが、本当に必要な時に困ることのないよう、工夫して預金しておくといいですね。

【3 設備機器の性能を維持する保証制度】

 ~メーカー保証の落とし穴~

おうちには様々な設備機器が備わっています。システムバス・システムキッチン・洗浄トイレ…通常、これらの設備機器には性能維持のために、製造メーカーによる保証がついています。メーカーによりますが、保証期間は約1~2年で、この期間内に不具合が発生した場合に、修理や交換をしてもらえます。

しかし、故障はすぐに起こるでしょうか?メーカーによる保証期間が終了した2年目以降に故障することがほとんどです。そのため、保証期間終了後の故障は当然ですが自己負担になります。

メーカーの保証期間が終了した時のことも考慮して、修理費用の準備や保証を延長するサービスへの加入なども検討しておくといいですね。

 

資料請求・お問い合わせ

家づくりの詳細や成尾建設へのご質問・資料請求はコチラへ。
0992539191