鹿児島の注文住宅なら新築施工実績780棟(H30年12月現在)の成尾建設へ

建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅をバリュー価格で
お問い合わせ
建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅をバリュー価格で
お問い合わせ
成尾建設株式会社 スタッフブログ
成尾建設株式会社 スタッフブログ
スタッフブログイメージ

平成27年6月1日 楽しみです♪

暦では今日から6月ですね。
これから夏至と一年の折り返しを迎えますが、
週間天気予報を見ると、毎日「傘マーク」が付いてました。

もうそろそろ鹿児島も梅雨入りとなりそうです。

雨が嫌いと言うわけではないですが、
雨が続くと工事の進捗に影響が出ることもあるので、少し考え物です。

連日、たくさんのお客様にご来店いただいております。
お忙しい中お時間を割いてお越しいただき、ありがとうございます。

また、昨日はお施主様と建築家との面談を行いました。

今回は愛媛より片上友二先生・片上利子先生をお招きいたしました。
ご夫婦お二人とも建築家、というのは珍しい(?)かもしれませんね。

お施主様も、先生とは今回のご対面が初めてです。
始め、お施主様も先生も、私自身も少し緊張している様子。
けれど、プランの話になるとスラスラと話が弾むので不思議です。
お互いに良い家を作りたいと思う気持ちがそうさせるのだと思います。

皆様が持たれている建築家のイメージ、どの様なものですか?
ドラマ等の影響で「芸術家で気難しく、とっつきにくい人」なんて思っていませんか?

もちろん、実際にそういう方もいらっしゃるかもしれません。
少なくともこれまでお会いしたことのあるR+house の提携建築家は、
とても明るく話しやすい先生方ばかりです。

まぁ、考えてみれば当たり前のことかもしれません。
なぜなら、自分自身でお施主様の御希望をきちんと聞き出せなければ、
お施主様にとっての良いプランを考えることは不可能だからです。

この話しやすさはとても重要だと考えます。
お施主様のご希望(こだわり)の中には、コストや機能面で合理性に欠けるものもあります。
建築家はお施主様のご希望であることを承知したうえで、コストや機能面からの提案を行います。

しかし、こだわりとは本来、合理性だけでは図れないものでもあるわけです。
「それでもやりたい!」ってこと、よくありますよね(^^;)
譲れない部分、譲れる部分、お施主様の意思がしっかりと建築家に伝えられなければ、
できあがりに不満の残るプランになってしまいます。

だから、先生にはなんでも話してください。言った者勝ちぐらいの精神で。
とはいえ、話しにくい先生とのプランニング、
「こんなこと言ってもいいのかな?怒られないかな?」などと思っていては、まず伝わりません。
話しやすさはとても重要です(^^)♪

さて、話を戻します。

何事もそうですが、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。
次回の面談の約束を交わし、この日は散会です。

次回面談はお施主様へ実際にプランを提示する場となります。
先生にとってはこれから本格的にプランを練る期間ですが、
待つ身としてはプランの仕上がりが非常に楽しみですね。

もちろん、お施主様ご家族のためのプランではありますが、
担当させて頂く私にとっても楽しみにできるのはこの仕事の醍醐味です。

これからどんなプランが仕上がっていくのか、楽しみです♪

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)

住宅におけるデザインとは、外観や内装などの見た目を整えるだけではありません。
それによってコストや機能性までが決まる、極めて重要な要素です。

言い換えれば、ご家族の生活そのものがデザインによって決まります。

そのことを踏まえたうえで、お施主様ご家族の希望に応えることができるのは、
プロの建築家だけだと考えます。

R+house ではアトリエ建築家と呼ばれる一流建築家と一緒に家づくりを進めてまいります。

■ 経費がかかる『とりあえずプラン』を行わないこと。
■ 住宅そのものが持つコンセプトにご理解をいただくこと。
■ 最初の段階からプロによる設計・デザインを行うこと。

そうすることで一流建築家のプランニングを低コストで実現することが可能です。

気になる方はお気軽にご相談ください♪

目に見ることができない部分でのデザインの魅力を、ぜひご体感頂きたいです。

ただしそれは、お施主様ご家族ごとに異なるものですので、
一括りにご説明することができないのが歯痒いのですが(^^;)

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)