『R+house 施工実績 鹿児島県NO.1』

建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅をバリュー価格で
お問い合わせ
建築家とつくる高性能デザイナーズ住宅をバリュー価格で
お問い合わせ
成尾建設株式会社 スタッフブログ
成尾建設株式会社 スタッフブログ
スタッフブログイメージ

平成27年1月10日 恒例行事

みなさんは毎年かかさず行っている恒例行事がありますか?
成尾建設㈱では毎年この時期に今年一年の工事の安全と商売繁盛を祈り、
本社事務所にてお祓いをしてもらいます。

会社のお祓いついでにスタッフ一人ひとりのお祓いもしてもらいます。
お祓いの際、一言アドバイスもあったりします。
少し得した気分です♪
とはいえ、人によっては時にドキリとする忠告もあったりします。

今年も悪いことを言われないようにと思いながらお祓いしてもらいましたが、
私に限ってはノーコメントでした(他のスタッフは言われている人もいましたが)。
ちょっと物足りない気がしつつ、何も悪いことがないのだろうとプラスに考えておきます。

会社も私自身も悪い気を祓って頂いたので、
今年も一年間、頑張っていこうと思います。

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)

平成27年1月7日 気密測定

昨年よりとりかかっている新築現場にて気密測定を行いました。
『気密測定』
ってご存知ですか?

住宅の耐久性と快適な生活にかかせない性能の一つ、気密性。
気密性はC値という実測値にて表されます。

2015.01.07_Kimitsusokutei

写真の装置で測定します。

簡単に説明すると、
写真の筒状の機械は外部とつながっており、
内部のファンを動かして室内から室外へと空気を排出できるようになっています。
ドア・窓を全て閉め、機械を動かすと筒の部分を通って室内の空気が排出されます。
その時に発生する時間当たりの室内の気圧差にて気密度を測定する仕組みです。

一般的にはC値が1.0㎠/㎡以下であれば気密性の良い家と言えるようです。
ちなみに、今回の結果は0.43㎠/㎡でした。

このC値は実測することでしか得られない値です。
機密性能の指標となるだけでなく気密測定を行い良い結果が得られることで、
きちんと施工されていることの証明にもなります。
実際、機械設置から測定結果が出るまでの30分程度、
施工スタッフは結構ドキドキしながら測定結果を待ちます。
なので、得られたC値が想定以上のものであればほっと胸を撫で下ろします(^^;)

R+houseでは全棟C値測定を義務付けており、
弊社施工の標準仕様建物で概ね0.5㎠/㎡前後の値が出ております。
(※建物の間取りや構造、使用する素材によって差があります)

測定業者の方に話を聞くと、最近は気密測定を行う住宅会社もだいぶ増えてきたそうです。
住宅会社の展示場・見学会に行かれた際には、
「気密測定してますか?C値はいくらですか?」と訊ねてみてください。

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)

平成27年1月6日 明けましておめでとうございます

成尾建設㈱は本日が2015年の仕事始めでした。
本年も皆様のご要望にお応えできるよう、全力で取り組んでまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

皆さまはどの様な年末年始を過ごされましたか?

私事ではありますが、年末に京都~神戸に行って参りました。
古いお寺・神社~歴史感あふれる長屋・古民家~最新の高層ビルまで、
建物の構造とデザインに日本の建築文化の歴史的な遷移を見ることができました。

・・・と、難しいことは考えずとも、古い建物と新しい建物が立ち並ぶ街並みが新鮮で、
車窓から見える街並みを眺めているだけでもとても楽しかったです。
時間があれば『あべのハルカス』も一目見たかったのですが、立ち寄る時間がなく残念でした。
また別の機会に時間を作って訪問したいと思います。

もう一つ新鮮だったのは、京都・神戸観光に来ている外国人の多さです。
日本人と外国人が混ざり合っていて、でもそれが当たり前の光景は不思議な感じがしました。
下手にお金をかけて外国に語学留学するより、
京都で観光ガイドのボランティア等をした方が為になるかもしれません(^^;)

さて、今日からまたお仕事モードで頑張ります。
今年も一年、よろしくお願いします♪

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)