月別アーカイブ: 2015年7月



平成27年7月20日 見学会報告♪

連日、鴨池球場では球児たちの熱闘が繰り広げられています。
子供の頃はそんな熱い闘いを、テレビの前で涼しく観戦しておりました。
いくつになっても甲子園で活躍する選手たちは、自分より年上に思えるので不思議です。
ひょっとして、あの頃から成長していないとか!?
・・・そんなことはないと信じたいです(^^;)

さて、そんな夏休みの始まりでもあった3連休。皆さまはどの様に過ごされましたか?
色んなお休みの過ごし方があったのではないかと思いますが、
連休中に行いました見学会にも、たくさんの方にお越しいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

残念ながら見学会に参加できなかった方のために、
少しだけ写真を交えてご報告いたします。

2015.07.20_OpenHouse_1

今回の住宅は平屋(約28坪)でした。
表側は草木に囲まれた自然豊かで落ち着く環境なのですが、
裏に回れば大型車も往来する交通量多い交差点です。
※ちなみにこの写真の中に弊社スタッフが一人写りこんでいます。お分かりになりますか?(^^)♪

極端に異なる環境の境に建つという、少しおもしろい立地でした。

ご来場頂いた方が体感されて驚かれていたポイントは、
①この一軒家の空調を6畳用エアコン1台で十分に賄っていること、
②裏通りを大型車が頻繁に往来するにも関わらず、静かであること。
③新築完成したばかりの家にも関わらず、臭いがほとんどしないこと。
④数字以上の十分な広さを感じること。
などを声にあげて頂きました。

気密性と断熱性を高めた住宅ならではの快適さと、
視線や空間のつながりを意識した建具使いやプランニングによる開放感をご体感いただけて何よりです。

2015.07.20_OpenHouse_2

ご来場の皆様に「いいね!」を頂いた『おうちカフェスペース』です♪
写真の撮り方が下手で分かりづらくて申し訳ないのですが、奥に一部屋ございます。
将来はここを様々なワークスペースとしてご提供することもご検討されているとのこと。

目的に合った住宅をご提案できる注文住宅だからこそ、応えることができるプランです。

「注文住宅ってどうなの?」って思われている方。
建てる・建てないは別として、一度話しを聞かれてみませんか?
お気軽にお声掛けください(^^)♪


お問い合わせ・資料請求は
お問い合わせ専用フォーム
電話:099-253-9191

———————————————— R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)

平成27年7月13日 見学会のお知らせ

蒸し暑い日が続きます(--;)

これぞ『日本の夏』ですが、
冷房で部屋の温度を冷やしすぎたり、扇風機の風に長時間直接あたり続けたりすることは、
体を冷やしすぎて良くないそうです。体調を崩す原因になります。

そうでなくても、半袖短パンで布団をかけずに寝ているだけで、朝起きたときに手足は冷えていたりします。
寝起きが悪かったり、体がだるかったりする方、原因はそこにあるかもしれません。

R+house の家は高気密・高断熱な省エネ住宅ですので、これからの季節も快適に過ごせます。

何をしていても暑い夏、空調機や冷感素材の寝具などと合わせて、
『科学のチカラ』と上手に付き合い、快適に過ごしたいですね♪

さてここで、今週末の見学会(坂之上1丁目)のお知らせです。
かねてより建築工事を進めておりました平屋住宅が完成しました。
お施主様のご厚意により、お引渡前に見学会を開催させていただきます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
完成見学会
日時:7月18日(土)・19日(日)・20日(祝) am10:00~pm6:00
場所:坂之上1丁目(市民体育館近く)
詳細はコチラ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

18・19日は天文館周辺で『おぎおんさあ(祇園祭)』も行われます。
お祭りにお出かけついでに、お気軽にお立ち寄りください(^^)♪
皆様のお越しをお待ち致しております。

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)

R+house の家は高い省エネルギー性をもつ高性能住宅です。

生活する中で、光熱費の支払いがどの程度か把握されてますか?
設備性能や使い方により、電力や水の消費量が変わってくるのは当たり前ですが、
空調費に関しては住宅の性能も大きく関わってきます。

空調機の性能をいくら上げようと住宅の気密性・断熱性が悪いと、
効率的に温度制御・維持を行うことができません。

その結果、一日中空調機を稼働させても場合によっては暑い(寒い)といった非効率的な現象が起こります。
当然、電気代はその分かかるので、ランニングコストの観点からも効率が良いとは言えません。

高気密・高断熱の家は、室内が一定の温度を保つような構造です。
家そのものが空気を冷やしたり暖めたりするわけではありませんが、
空調機等で一度冷やした(暖めた)室内空気は長くその状態を保ちます。
魔法瓶をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

気密性と断熱性は、快適な生活・省エネ(光熱費の節約)のためには欠かせない住宅性能です。
新築をご検討の際は、相談先の住宅会社に必ず『断熱性・気密性』をお確かめください。

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)