平成27年1月15日 新築着工その前に

今日はコレの立会いをしてきました。

2015.01.15_Jibantyosa

少し年季が入ったベテラン感漂う装置ですが、
こう見えて(?)新築には欠かせない大事な調査を行う機械です。
何をする機械かお分かりですか?

実はこれ、地盤調査を行うための機械です。
この機械はスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)と呼ばれる地盤調査を行うことができます。

原理を簡単に説明すると、
写真中央の『槍』のような棒(ロッド+スクリューポイント)を地面に突き立て、
進入速度とその感触や音にて、土中の土の成分や性質を分析します。

地盤調査及び土質調査の方法はいくつかありますが、
木造戸建住宅など比較的重量が軽い小規模建築物では
このSWS試験が多く利用されています。
メリットは、他の調査方法に比べて費用が安く、素早く実施できることです。

試験の結果『地盤強度が足りない』と判定された場合、地盤改良が必要です。
その際は別途、地盤改良工事を行うことをオススメします。
地盤改良工事の費用も可能性として資金計画の中に含めておきましょう

今回は『地盤改良の必要なし』という試験結果になりました。
他の現場にて『要改良』の結果が出た際には、改良工事のことにも触れたいと思います。
一般的な地盤改良の基礎知識についてはコチラをご参照ください

たとえ改良工事が必要となっても「費用がもったいない!」とは思わないでくださいね。
近年、R+houseの様に性能にこだわった高性能住宅が増えてきてますが、
せっかくの高性能住宅も、地盤の強度不足によりその性能が十分に発揮できなかったら意味がありません。
また地盤の強度不足による思いがけないリスクが生じる可能性もあります。

何事もそうかもしれません。
まずは足元を固めることが大切です♪

————————————————– R+house [アール・プラス・ハウス] 鹿児島中央店 (成尾建設株式会社)